がっかり!宅配買取ブックサプライを使って感じたデメリットと査定結果

本棚から本があふれてきたので断捨離をかねて整理することにしました。

ちょうど新しい本を買ったときに「お売りください!」と書かれた宅配買取のチラシが入っていたのでブックサプライという業者に査定を依頼してみたときの備忘録です。ネット上の評判や口コミが少なかったので、あなたの参考になればいいなと思って書きます。

査定について結論から言うと、すごくがっかりしました!

対応が遅かったですし、ネットに載っている査定額と全然違ったので不満でした。

スポンサーリンク

古本・CD・DVD・ゲームの宅配買取ブックサプライってどんな業者?

ブックサプライはネットから依頼できる宅配買取の会社にしては珍しく査定額を事前に調べることができます。

リアルタイムお試し査定で今売るとどれぐらいの価格になるのか見ることができます。

査定する分類(本・CD・DVD・ゲーム)とバーコードの番号を入力するだけなので簡単です。

私は本やコミックス・DVD合わせて事前にリアルタイムお試し査定をしたところ、3,838円となりました。

「おお!これは高く買い取ってもらえそうだ!」と張り切って査定の申し込みをしました。

リアルタイムお試し査定をしてみる

実際の査定額はリアルタイムお試し査定よりかなり悪い

買取の申し込みをしてしばらく待ったら査定額が出ました。

すると、リアルタイムお試し定の結果として表示された3,838円からは程遠い2,070円と査定されました。(振込手数料-400円)

リアルタイム査定した意味が全くないじゃん・・・と正直がっかりしました。

リアルタイム査定では価格が常に変動します。

査定された日に価格の下がった本があるのかどうか調べようと思って、事前に取っておいたバーコードのメモからもう一度すべての本の検索をかけてみたのですが、査定額はほとんど変わっていませんでした。

  • リアルタイムお試し査定額・・・3,838円
  • 実際の査定額・・・2,070円(+手数料400円)
  • 査定額の差額・・・1,768円(-手数料400円)

ネットで調べたリアルタイム査定と実際の査定額では手数料を加味しても1,400円も謎の差がありました。

状態が悪かったりや書き込みがある本は1冊しかありません。なので状態の悪さで査定額が落ちていると到底思えません。

ひょっとしたら宅配便の送料相当額がごっそり引かれているのかもしれませんね。

あと、リアルタイムお試し査定で1円だったものは「値段つかず廃棄商品」となります。

<結論>ブックサプライのリアルタイム査定は全く当てにならない。

リアルタイム査定で出た金額を当てにしてはいけません。実際は思っているよりも高く買い取って貰えないです。高価買取に期待してがっかり!

ブックサプライを使って感じたデメリットは?

ブックサプライを利用してみていくつか不満に感じたことがありました。

1.リアルタイムお試し査定と実際の買い取り額が違いすぎる

先程書きましたが、リアルタイムお試し査定と実際の買い取り額が違いすぎます

リアルタイムお試し査定で高い買い取り額が出たからといって信用してはいけません。

差がありすぎて売ってもらうために価格を釣りあげて表示しているとしか思えない・・・

2.査定されるまでの期間が長すぎる

Q&Aには到着後2営業日程度で査定されると書いてありましたが、私が査定に出したときは、4/3集荷されて4/13に査定結果が出ました。

査定結果が出るまで10日もかかりました。これは宅配買取では待たせすぎです。

あまりにも査定結果が出るのが遅いので、査定結果の出た前日の4/12に問い合わせると「混み合っているから査定が遅れています。お問い合わせいただいたので優先的に査定します。」と回答されました。で、次の日に査定結果が出ました。

4月で利用者が多くて混み合っているとしても、不安に思われないようにホームページのトップなどに時間がかかる旨を書いておくべきではないでしょうか。

問い合わせしなかったらまだ放置され続けたと思うと・・・さすがに待ちきれません。

3.商品1点1点の買い取り金額がわからない

査定結果は分類ごとにまとめて出ます。何の本が何円だったのかわかりません。

私の場合、査定額が知りたかったので申し込むときの備考欄に「1点1点の査定額の詳細確認希望」と書いたにもかかわらず、査定結果の詳細のメールが送られてきませんでした

問い合わせしたときは備考欄に書いてるから教えてくれるって言ってたのに。

いくら忙しいからって雑な対応しすぎでしょう。査定を待たされたうえ、対応が雑。完全にここで売る気がなくなりました・・・。

大事にしていた本を売りたい方は別のところで売りましよう。まとめてサッと現金に換えたい方はいいかもしれませんが。

4.振込手数料がかかる

10点以上の申し込み、または査定額が2,000以上の場合は送料が無料(条件を満たさない場合1箱につき500円)ですが、振込手数料は一律400円取られます

10点申し込んで400円の査定結果だったのなら、振込手数料がまるまる引かれて1円も貰えません。

返送の料金については2箱までなら無料(自動承認不可で申し込む必要あり)です。3箱目以上は着払でこちら側の負担になります。

少しだけ売りたいという方には向いてませんし、売りたいものの価値がなさ過ぎてもダメです

ブックサプライはこちらで負担しなければならない振込手数料や送料が多いです。送料や振込手数料を気にしなくてはならないというのは申し込みしづらいですね。

リサイクルショップとか古本屋に持って行ったほうが手っ取り早いし手数料はかかりません。

ブックサプライ買取申し込み・梱包手順

私が申し込みをした手順を書いておきます。

1.インターネットの申込ページから申し込む

ブックサプライのトップページに行くと、「買取依頼はこちら!」と書かれているのでそこから申し込みます。

2.個人情報を入力する

個人情報を入力します。過去に申し込んだことのある方はログインすれば申込ができます。

3.段ボールの数と支払いをどうするか決める

送ってもらう段ボールの数を決めます。1箱にCD150枚、DVD100枚、単行本約~80冊程度入るとのことです。

返送してもらうことになったときに3箱以上は有料になるので、価格を見て決めたい方は2箱程度にしておいたほうがいいと思います。

買取金額のお支払いについての欄はこのようになっています。

  • 自動承認 … 買取の査定が完了したら待たずに代金を受け取れる
  • 自動承認・寄付 … 買取の査定が完了したら全額ブックサプライの指定団体に寄付できる
  • 自動承認不可 … 査定結果をメールで受け取って金額に承認すると代金を受け取れる

思ったような値段が付かなかったときに返送してもらいたいのなら、「自動承認不可」にしておく必要があります。

4.集荷の日時を決める

ブックサプライは他の宅配買取サービスと違う点として、申し込むときに予め集荷の日時を決めなくてはならないことです。

佐川急便に集荷の連絡をしなくて済むのはラクですが、数日先の予定を決めなくちゃいけないのはもし予定が変わったときに煩わしいですね。

段ボールが家にある方は着払が使えます。

備考欄に何かあれば書いておきます。

これでインターネットからの申込完了です。

5.数日後、段ボールが届く

申し込みをしてから3日程度で新品の段ボールが届きました。これにあらかじめ設定した集荷日時に間に合うように荷物の梱包をしていきます。

6.初めて申し込むなら身分証のコピーを同封する

初めて申し込むときは身分証のコピーの同梱が必須です。

私はわかりやすいように封筒に入れて一番上に置きました。

2回目の申し込みからは身分証が不要になります。

7.梱包して集荷を待つ

ガムテープで止めたら梱包完了!指定した日時に佐川急便がやってくるので荷物を渡します。

伝票は佐川が準備してくれているので、こちらでは何も準備する必要はありません。

これで完了です。あとは査定結果を待ちましょう。お疲れ様でした!

8.<その後>返送してもらいました!

私の場合、冒頭でも書いた通り思った値段にならなかったので返送してもらいました。

段ボールは送るときに使ったものが再利用されて返却されました。

ブックサプライでの宅配買取が向いている人

最後に、どんな方がブックサプライの宅配買取が向いているか書きます。

  • 家から一歩も出ずに本などを処分したい方
  • 1点1点の査定額の確認は必要ない方
  • そこそこ価値のあるCD・DVD・ゲームを複数持っている方

リサイクルショップに売るにも大量の商品を持ち運ばないといけないので、家に車がなかったり、免許がない、子供が小さくて外に出づらいなどの理由がある方はこういった宅配買取はメリットです。家から一歩も出ずに本を売ることができますから。

しかし、古本だと商品点数を稼げるので送料は無料になりやすいですが、査定額が低いので振込手数料が引かれるとそんなにお金になりません。

なので、ここで売るならそこそこ価値のあるCD・DVDやゲームを複数売ったほうが良さそうです。古本や価値がなさそうなCDなどは近所のリサイクルショップへ。

私の場合、リアルタイムお試し査定では実際の買い取り額と差がある結果になってしまいましたが、どの本やCDが価値があるのか事前に調べてから売ったほうがいいですね。

リアルタイムお試し査定をしてみる

スポンサーリンク

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

参考になりましたらぜひシェアしてください。

RSS登録で「なるほどそうか!」の更新情報をお届けします。