服の断捨離実行中。衣替え時期が見直しのチャンス!

だいぶ涼しくなって秋らしくなってきましたね。そろそろ長袖やカーディガンなどの羽織ものが欲しくなってきます。

本格的に涼しくなる前にクローゼットの中の洋服を一度見直してみましょう。

スポンサーリンク

この夏使わなかった服を処分

クローゼットの中を確認して、今年の夏に着なかった服や存在すらを忘れていた服は思い切って捨てることにしました。

  • あまり着ていないもの
  • 着心地の悪いもの
  • 洗濯しにくいもの
  • コーディネートしづらいもの
  • 今の私には合わないもの
  • 汚れやほつれ、生地が傷んでいるもの

これらを基準に服を残すか残さないか判断していった結果、半袖だけで30着はあったものを10着程度に減らすことができました。

若いころに高く買った服をなかなか捨てられなかったのですが、今の私にはデザインが合わないというのと、流行りが過ぎている(デザインが古い)ような服は思い切って処分しました。

気に入っていて何回も洗濯して毛羽立ちや生地の傷みが見られる服も着ていてみすぼらしいので処分しました。

そういえば最近は新しい服を買っていなかったので3着程度買い直しました。服を処分したことによって収納スペースができたのでスッキリした気持ちで新しい服を買うことができました。

流行りのデザインの服は消耗品ですから安いので十分です。ハニーズやGUの服を愛用しています。やっぱり新しい服はときめきますね。

夏物処分セールでは買わない

20150912夏物処分セール

今かなり我慢しているのが、夏物処分セールで安くなっている服を買わないようにすることです。

どこに出掛けてもセール・セール・セールで夏物衣料品をお値打ちに買うことができるチャンスが転がっています。しかし欲しいという感情をグッと抑えます。

買ったときは安く買えて満足感や充実感でいっぱいになりますが、これを来年使うために1年間クローゼットの中で寝かせなくてはなりません。

「値段が安いから」という理由で計画性がなく買った服は、来年使うときに好みや流行が変わっていて結局使わず買い損になることがあります。

買うなら流行のものじゃなくて、シンプルなデザインでいつでも使えるものを選ぶことにしました。

クローゼットの中には厳選した服しか入っていません。これで十分じゃないですか。買いすぎないように自分にそう言い聞かせます。

いらない服はリサイクルショップに持ち込もう!

20150912服処分

もともと捨てるのが苦手なので「勿体ない」という気持ちが大きくて捨てることができませんが、ここ数か月で大量の服を処分しました。クローゼットの中身を1個分(2個所有している)空にすることができました。

かなり処分してまだきれいな状態のものはリサイクルショップに持っていきました。

高く買ったブランド服が安く買い取られるのは少しだけ悲しい気持ちになりますが、少しでもお金になるならいいかな?と思えるようになってきました。新しい服を買うお金として使うことができますしね。

私がよく使っているのはBOOKOFFの洋服を買い取ってくれる店舗なのですが、最近では物を売る人が増えてきて査定までの待ち時間が長くて苦痛に感じるので、ネットから申し込んで無料で段ボールを送ってくれて詰めるだけの宅配買取業者を利用したりしています。

関連記事:査定結果にびっくり!不用品の宅配買取サービス申込手順【買取専門店大吉の場合】

現在も断捨離を実行中です。

断捨離して部屋をスッキリさせて秋を迎えましょう♪

スポンサーリンク

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

参考になりましたらぜひシェアしてください。

RSS登録で「なるほどそうか!」の更新情報をお届けします。